初心者でも大丈夫FXの始め方や基礎知識をわかりやすく

取引の期間がデイトレードよりも長く開き時間を活用

FXは最大25倍のレバレッジをかける事が

レバレッジについては、自己資本を元本に用いて資金調達を行うことで、自己資本以上の取引を行うということです。
言い換えるなら、お金を担保にして新たなお金を借りるということを意味しています。
FXは、最大で25倍のレバレッジをかけることが出来ます。
1ドル100円の際は、最大で2万5000ドル相当の資金が動かせるでしょう。
スプレッドを直訳すると、「広げる」や「延ばす」という意味になります。
FXでは、通貨の売値と買値の差ということを指しています。
テレビなどでは、「1ドル100円20銭から30銭で取引されています」という言い方がなされるのですが、100円20銭が売値で100円30銭が買値です。
買値と売値の差が少ない際には、スプレッドの幅が狭いと言い、買値と売値の差が大きい際には、スプレッドの幅が広いという表現を使用します。

為替取引を行う際には

ロスカットのことを日本語で損切りといい、FXでは、予想に反した為替レートの動きにより損失が出ることがあります。
損失額が一定の基準を超えることにより、それ以上大きな損失が出ないように強制的に取引を終わらせます。
そのルールをロスカットというのです。
証拠金については、FX取引をする際の資金のことを指しています。
為替取引を行う際には、損失を出した際でも損失額を補えるための証拠金を用意しています。
損失額が証拠金よりも下回るようになった際には、強制的にロスカットが行われるようになっていて清算されるのです。
まずは、しっかりとPDCAサイクルが回せるかどうかが大切だと思います。
出来高がそれほど多くない日にチャートデータを検証しても、それはただのノイズの可能性が高いです。
ボラティリティの高い、出来高が多い場面でなければ、トレードをしても利益を出すのは困難と考えています。


Share!
B!

ページTOPへ